パッケージ素材比較

  1. ホーム>
  2. パッケージ素材比較

プラスチック、不織布──メリット、デメリットを知って適材適所

CDやDVDなどのパッケージには、ハードプラスチックケースや不織布ケースが多く用いられます。こちらでは、CD袋・DVD袋・CD入れのトップシェアを誇る包装資材メーカーの株式会社アイエヌジーが、これら2つの素材について、その特徴、長所、短所などについてご説明しています。それぞれ一長一短がありますので、パッケージ素材を検討される際にご参考ください。

ハードプラスチックケースと不織布ケースの比較

ハードプラスチックケース 不織布ケース
特徴 市販のCDやDVDディスクのパッケージとしてはごく一般的なもの。透明素材なのでジャケットやレーベルが外から判別でき、厚みがあり背も利用できる。 繊維を織らずにからみ合わせたシート状の布=不織布をケースにしたもの。
CDソフトケースの内袋としても用いられている。
長所 ・透明なのでジャケットを生かせる。
・背も作れ、タイトルを生かせる。
・ディスク収納時は、記録面に接触するものがないので傷が付きにくい。
・安価で大量生産に向いている。
・他の素材と組み合わせることも容易。
・厚みや空隙を自由に設定できる。
短所 ・不織布と比べると単価が高い。
・厚みがあるので、書籍や雑誌などに添付するのに不向き。
・プラスチックと比べて強度が低い。
・プラスチックケースと比べ、外部からの衝撃に弱い。
ディスク単体で販売、頒布する場合や、保存性を重視する場合に適している。 ・書籍や雑誌などの付録となるようなメディアのパッケージには最適。
不適 書籍や雑誌などの付録となるようなメディアのパッケージとしては厚みがネックになり適さない。 細かい傷でも再生不良の原因になるブルーレイディスクなどのパッケージ。
  • 商品一覧
  • 選ばれる理由
Contact
CD袋・DVD袋のご相談・お見積り希望はお気軽に!
  • TEL.048-449-7893 FAX.048-449-7894